English / Japanese

Workstations

個人常用ワークステーション 個人のスペース VLSI CADシステム

本研究室には,本学研究設備である曼陀羅システム・個人常用ワークステーション(学生・教官各自一台)とは別に実験設備を備え,常時各種実験用に使用している.

構成は以下の通りである.

VLSI CADシステム
     
  • SunFire V490 : 1台
  • Sun Fire X4100 : 5台
  • Sun Ray 2FS+24.1インチTFT液晶モニタ : 30台
  • Sun Fire V240 : 1台
  • Sun Blade 2000 : 2台
  • Sun Ultra 45 : 1台

これらワークステーションには VLSI CAD(高位合成,論理合成,テスト合成等)用の各種ソフトウェアを備えており,VLSI CAD アルゴリズムの研究・実験などに使われている.

VLSI CAD 用ソフトウェア

高位合成
     
  • Monet (MentorGraphics)
  • Exploration Tools
RTL入力
     
  • Renoir (MentorGraphics)
論理合成
     
  • AutoLogicII (MentorGraphics)
  • Design Compiler (Synopsys)
  • Leonardo (MentorGraphics)
  • SIS (UC Berkeley)
テスト合成
     
  • DFT Advisor (MentorGraphics)
  • DFT Insight (MentorGraphics)
テスト生成
     
  • TestGen (Synopsys)
  • TetraMAX (Synopsys)
  • FlexTest (MentorGraphics)
  • FastScan (MentorGraphics)
  • FASTEST (University of Wisconsin)
  • HITEC/PROOFS (University of Illinois)
  • Encounter Test (Cadence)
その他
     
  • VCS (Synopsys)
  • PrimeTime (Synopsys)
  • HSPICE (Synopsys)

などが用意されている.

Macintosh & PC

マッキントッシュ サーバ群 プロジェクタ

スケジュール管理や図書管理をこれらのマシン上で一元的に行っている. スタッフや学生のスケジュールや図書格納場所などを相互に更新,閲覧することが可能なため,これらの情報は混乱なく扱うことができる.

また,プロジェクタを備えているため,これらのマシンで作成したデータを輪講などの際に直接用いることができる.